コロナ禍の渡航

南イタリア美食便り

3ヶ月ぶりに帰京しております。今年になって2回目、コロナ禍になってから5回目の日本入国です。今年の3月もそうでしたが、チューリッヒ発成田行きのスイス航空便はビジネス、エコノミー共に満席。乗客は日本人よりアジア人を含む外国人の方が多い印象です。

出発の1ヶ月前に購入したエコノミークラス航空券代は若干昨年と比べると値上がりした感はありますが、そこまで驚くような値段ではありませんでした。

日本は事実上まだ鎖国状態で、外国人は日本居住者以外ビザが必要になります。観光客はガイド付きツアー客のみ解禁されたということですが、ヨーロッパからはそのような観光客は未だにゼロと言って良い状態だと思われます。

10月から規制を緩和するという話も出ていますが、1日も早く以前のように個人観光客が気軽に来日できるようになることを祈っています。円安の間に日本へ来てたくさんお金を使って貰うチャンスを逃しています。ヨーロッパの日本人気はまだまだ続いていますし私の周りにも日本へ行きたいと言っている人はたくさんいます。

ヨーロッパではすでにコロナ禍は終わっている感が強く、外国人観光客もワクチン証明や陰性証明なしで自由に受け入れています。マスクをしている人は屋外では皆無、屋内でもごく少数です。3回目、4回目のワクチン接種推奨の声もひそまっています。今回は飛行機の中でもマスク着用は任意ということで客室乗務員もマスクはしていませんでした。

日本人の日本入国に関してはワクチン3回目接種証明があれば出国前のPCR検査は免除になります。そして入国後成田でのPCR検査も廃止になりました。MYSOSというアプリを入れて事前申告すればそれを見せるだけでOKです。

2020年にコロナ禍が始まって初めて入国した際には飛行機着陸から空港ロビーに出るまで4時間かかりましたが、今回は1時間ほどとほぼ通常運転と言って良い状態に戻りました。日本人が海外旅行をする分には問題なしです。

東京の街に戻ってちょっとびっくりしたのは100%マスクをして歩いていることです。それが普通と思っているのかと思いますが、私にはすごくストレスフルです。本当は皆さん早くマスクをとりたいと思っていらっしゃることと思います。 そんな時はどうぞ南イタリアのプーリアへ逃避行ならぬオリーヴ収穫の旅へいらしてください。ストレス解消になると思います。

大橋 美奈子

大橋 美奈子

東京生まれ。演劇プロデューサーを志し、高校卒業後アメリカ留学。ニューヨーク大学芸術学部在学中は舞台、映画で俳優及びプロデューサーとして活躍。卒業後、メディア関係のリサーチ、コーディネイト会社を設立。現在はホスピタリティビジネスのコンサルタントである夫ジョヴァンニの故郷であるイタリア・プーリアから“外食とはエンターティメントである”という考えのもと“感動”を創る仕事を支えています。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    嚥下障害と介護食「味気なく物足りない嚥下食」 第1回目(日本厨房工業会 月刊厨房)

  2. 2

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP