非常事態宣言解除と思ったらあっという間に蔓延防止など重点処置発令

レストランチェック

 非常事態宣言解除後から3カ月で蔓延防止など重点処置発令に逆戻り。これでまた飲食店や観光業は大変ですね。でも蔓延防止など重点処置発令下でひっそりと越境して飲食リラックスしてきました。
 スタッフのお子様サービスに帯同し、東京ディズニーランド近くのヒルトン東京ベイ滞在です。ディズニーランドもヒルトンも東京がついているのでまよいだろうと出かけました。初日ランチはイクスピアリのアウトバックで肉づくし。
 困ったのは5人では食事をできないと言われたこと。でも店舗につくと同席できました。非常事態宣言下で外食していないストレスから、子供たちは肉もりもりです。Tボーンステーキ、ベイビーバックリブ、ハンバーガーと私はクラフトビールをいただきました。蔓延防止など重点処置発令下でもイクスピアリのレストランは大盛況でした。
 チェックインしたヒルトン東京ベイも、非常事態宣言よりも人が多かったですね。2日目にスタッフと子供たちがディズニーに行っている間、私はラウンジでのんびり。晩御飯はホテルの中華王朝で食事。人数制限があるので、子供たちは部屋で待たせ、お土産をテイクアウトしました。中華料理はテイクアウトできるので便利です。以前は中華でも食べ残しを持って帰れなかったのですが、このコロナ渦でどこでも食べ残しを持って帰れるようになったのは良いことですね。
 3日目にチェックアウトし、ランチは銀座の寿司美登里で食べようと思ったのですが、一応蔓延防止等重点処置発令に敬意を払い、寿司を持ち帰りにしました。このラインより上のエリアが無料で表示されます。

 さて1月に入り何を食べていたかを見てみると
1)1月3日から3泊で箱根強羅のハイアットリージェンシー。1日めは途中の地ビールとブッフェ、2日目は強羅ブルアリーで地ビールと肉、3日目はホテルで寿司懐石。
帰りは横浜中華街で飲茶。
2)1月13日は自粛して、高田の馬場の日向のとんかつ持ち帰り。
3)1月15日はスタッフの子供の誕生日でパークハイアットのニューヨークグリルでブランチ。
4)1月20日は吉祥寺のラッキーロッキーチキン

 と肉料理(ハンバーガーを含む)、寿司、中華、と料理がしっかりして食べ応えのある料理が多いですね。このコロナ渦三重に閉じこもるとちょっと不安でたっぷりとおいしい料理を食べたくなります。先月行ったPeter Lugerが、予約が取れない大盛況もその理由です。2001年の911事件で家に閉じこもった際に流行したのが、クリスピークリームの甘ったるいドーナツだったのです。
 なお、この中で私が最も気に入ったのがラッキーロッキーチキンのフィンガーチキンです。柔らかくてあっさりしたフィンガーチキンとサラダ、ベルギー産のフレンチフライ、スパイシークラフトコーラ、の組み合わせが最高でした。

 以上の画像は王利彰のfacebookをご覧ください。
https://www.facebook.com/toshiaki.oh

王利彰(おう・としあき)

王利彰(おう・としあき)

昭和22年東京都生まれ。立教大学法学部卒業後、(株)レストラン西武(現・西洋フードシステム)を経て、日本マクドナルド入社。SV、米国駐在、機器開発、海外運営、事業開発の各統括責任者を経て独立。外食チェーン企業の指導のかたわら立教大学、女子栄養大学の非常勤講師も務めた。 有限会社 清晃(せいこう) 代表取締役

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目 マクドナルド創業メンバーが語る秘話

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP