伝統的オリーヴ畑の放棄

南イタリア美食便り

この時期イタリア南部プーリアの日の出は7時頃。すでに近所で、オリーヴの実を落とす電動熊手のモーターの音が響いています。今週末は雨になるとの予報なのでその前に出来るだけ収穫しておこうと皆思っているようです。

オリーヴに関するニュース専門のネットメディア、 オリーヴオイルタイムスOlive Times(https://www.oliveoiltimes.com) によると、世界中で550万ヘクタールの伝統的オリーヴ畑が放棄される危惧があり、その傾向は増えているとのこと。これは我が家周辺でもちらほら目にする情景なので、無視できません。世界一のオリーヴオイル生産国で、イタリアの3倍近い量を産するスペインではその面積は130万ヘクタールに及ぶと言うこと。世界的にオリーヴオイルの消費は伸びているのに、これはどうしたことかと疑問に思うかも知れません。 ポイントは”伝統的”オリーヴ畑と言う点です。

樹齢数百年の巨木でも立派に実をつけるオリーヴで、その姿は芸術品のように美しく、独特の風景を作り上げています。自然と人間の共存のシンボルのような植物であると思います。人間に与える栄養的なメリットと味、風味の良さが近年の消費量の増加に繋がっていることは紛れもない事実。
ところが皮肉なことに伝統的な栽培方法ではその消費量に追いつかなくなってきていると言うことなのです。 伝統的なオリーヴ畑と言うのは100年以上前に植え付けられたものがほとんど。水の乏しい地域や丘陵地、個人所有の区画の狭い土地にあったりします。そこには天候不順や害虫対策、また少人数でも収穫しやすいように実りの時期が少しづつずれる多種の土着品種が植えられている場合が多いのです。生育過程でそれほど手のかからない作物であることもあり原産地の地中海気候地域ではオリーヴは古代から生活の一部で非常に身近な存在です。収穫は手を使って人力で行われてきました。今でも大型機械が入りにくい場所にあるので、それほど機械化が進んでおりません。

この30年ほどで世界中のオリーヴオイルの生産量は2倍以上増えました。機械化できない土地とそこに長年生きてきた土着品種は放棄され、管理しやすい場所に、その土地に合うようなオイルを多く含む品種改良されたオリーヴの木が植えられると言う傾向が進んでいます。スペインではイタリアに先んじてその傾向が強くなってきているとのこと。

イタリア国内では400種類以上のオリーヴが栽培されていると言われています。ワイン同様南北に長い国土でそれぞれ生産されてきた土着品種の個性が際立っているところが魅力でもあります。価格安定化、生産効率向上の名の下に失われていく”伝統”とともに変わって行くのは単にオリーヴオイルと言う商品だけではなく、種の多様性(ダイヴァーシティ)の問題でもあり、価値観や生活様式、人間関係などその食物との長い歴史の関わりでもあると感じます。

大橋 美奈子

大橋 美奈子

東京生まれ。演劇プロデューサーを志し、高校卒業後アメリカ留学。ニューヨーク大学芸術学部在学中は舞台、映画で俳優及びプロデューサーとして活躍。卒業後、メディア関係のリサーチ、コーディネイト会社を設立。現在はホスピタリティビジネスのコンサルタントである夫ジョヴァンニの故郷であるイタリア・プーリアから“外食とはエンターティメントである”という考えのもと“感動”を創る仕事を支えています。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP