南イタリア プーリア便り- 今年の熱さ

南イタリア美食便り

今週は今年一番の暑さが続くようで、今朝などは8時で気温31℃でした。夏至を超え暑さが増して行くのは当然の事ですが、2021年6月下旬のプーリアは昨年とはちょっと違います。それは、私個人の印象に過ぎないかも知れませんが、確かに昨年とは違うと思えるのです。

1)給水トラックの往来が目立つ事。地中海気候特有の湿度の低い乾燥した夏のプーリアでは水がどれほど重要かを思い知らされますが、川がないプーリアでは地下水が頼みの綱なのです。水道が通っていない田園地域も広くあり、そこでは草木に与える水は各自の家に備わっている貯水槽に地下水を溜めて使います。それ以外にも貸別荘やB&Bが多い当地では、特に顧客層であるドイツ人やイギリス人好みにそれぞれ多くがプールを持っています。その水も地下水を使っています。実際こんなにどこにでもプールがあるような状況はここ最近顕著になってきました。地下水が枯れないかと心配になるほどプーリアの観光地化は進んでいます。

2)サッカーヨーロッパ選手権開催。昨年行われるはずだったローマでの大会が今行われている真っ最中です。イタリアはベスト16に勝ち進み次の対戦相手はオーストリアです。50%観客を入れての開催ですが、それなりの盛り上がりを見せています。我が家周辺でも応援のイタリア国旗を掲げた家が多く見られます。コロナ禍の先行きにまだ不安が残る中、人々の気を紛らわせるためには役立っているのかと思います。

3)我が家の庭木も昨年と違った実りをみせています。今年はサクランボのみならず、アプリコット、プラム、そして長年実をつけなかったビワまでたくさんなっているだけではなく、味も良いのです。収穫したら加工しなければならないと思うと嬉しい悲鳴です。また、バラ、ラベンダー、ダリア、芙蓉、カーネーション、ひまわりなどの花々、ズッキーニ、インゲン、甘長トウガラシなどの野菜がよく育っています。
ありがたいことに、おかげでカラフルで楽しげな風景が広がっています。

4)海辺のリゾート施設のリノベーションが盛ん。コロナ禍の昨年に増して来訪客が訪れる事を予想して更なる投資が行われているようです。業界の意識的はコロナ禍の先をみていると感じられます。例年だと観光シーズン到来の前の6月頃に自分たちのヴァカンスをとる地元民たちが海の家やレストランのメインテナンスなどに休み返上で働いているのです。
夏が過ぎてもワイン産地のプーリアでは収穫期の10月頃までは忙しいのでヴァカンスは11月頃にとるつもりでいるようです。

大橋 美奈子

大橋 美奈子

東京生まれ。演劇プロデューサーを志し、高校卒業後アメリカ留学。ニューヨーク大学芸術学部在学中は舞台、映画で俳優及びプロデューサーとして活躍。卒業後、メディア関係のリサーチ、コーディネイト会社を設立。現在はホスピタリティビジネスのコンサルタントである夫ジョヴァンニの故郷であるイタリア・プーリアから“外食とはエンターティメントである”という考えのもと“感動”を創る仕事を支えています。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    マックの裏側 第15回目 マクドナルド創業メンバーが語る秘話

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP