国産白トリフ

南イタリア美食便り

佐伯市地域おこし協力隊に着任してちょうど1ヶ月が経ちました。「もう」なのか「まだ」よくわからない程、色々なことがありました。

着任式のケーブルテレビ取材、佐伯市のスポーツイベントとしては最も重要とも言える「ツール・ド・佐伯」、JR九州が世界に誇る豪華宿泊列車、「ななつ星」外国人乗客のアテンド、造船の街でもある佐伯の大型タンカーの進水式、地元防災関係省庁の方々との懇親会、観光庁インバウンド関係のセミナー参加、在別府の立命館APU大学学生向けのアドヴェンチャーツーリズムモニターツアー、地元のホテルや民宿など宿泊施設への挨拶回り、など、など。

福岡に九州・沖縄 観光・宿泊外食産業展にもお邪魔しました。佐伯から車で片道3時間半ほど、九州一の都会である福岡まで、東九州自動車道を通って佐伯市役所職員の方々は結構頻繁に出張するようです。ちょうどプーリアの地元チステルニーノから南イタリア最大の都市、カンパニア州のナポリへ行くような感覚です。

この展示会は、石川編集長が書かれているように農泊DXや第一次産業と観光/飲食の繋がりについて色々と示唆を受ける展示がありました。

その中で私が一番興奮したのは、国立研究開発法人 森林総合研究所 九州支所のブースで栽培に初めて成功したという国産白トリフに出会ったことでした。

白トリフといえば北イタリア、ピエモンテ州のアルバが有名です。毎年秋の季節が旬の白トリフ、現地でも6000ユーロ/1kgもの値がつく事もある高級食材です。厳密に言うとイタリアで自生する種類の類似種で日本版の白トリフと言うこと。

香りや大きさなどはイタリア産のものと比べると率直に言うと見劣りするのですが、イタリアでもまだ成功していない白トリフの栽培に成功したというのはビッグニュースです。まだ商品化される段階ではありませんが、今後も注目して行きたいと思います。

「日本の研究/技術力が世界の常識を変える」と言う視点では、佐伯でも盛んな水産養殖分野の分野でも海外との繋がりがもっとできるのでは、考えています。

大分自動車道の下り山田サービスエリアには佐伯市観光協会が行っている福岡、宮崎を含め周辺都市からの誘客キャンペーンの「旅っちゃ」が設置されています。

「旅っちゃ」とはカプセルの中に佐伯市民が選んだ飲食店で使える「まち推しグルメ」のお食事券が入ったガチャガチャです。福岡からの帰り、運試しにガチャっとしたら、なんと、500円で3000円分のお食事券が当たりました。

運の神様が「佐伯で頑張ってね☆」と応援してくれているようで嬉しくなりました。

大橋 美奈子

大橋 美奈子

東京生まれ。演劇プロデューサーを志し、高校卒業後アメリカ留学。ニューヨーク大学芸術学部在学中は舞台、映画で俳優及びプロデューサーとして活躍。卒業後、メディア関係のリサーチ、コーディネイト会社を設立。現在はホスピタリティビジネスのコンサルタントである夫ジョヴァンニの故郷であるイタリア・プーリアから“外食とはエンターティメントである”という考えのもと“感動”を創る仕事を支えています。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  2. 2

    「アメリカから続々日本進出する外食チェーンの実力度」(商業界 飲食店経営2006年9月号)

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP