かつおラーメン、まぐろラーメン

食の宝庫九州から

先週は出張で鹿児島県薩摩川内市に行きました。宮崎からの移動で日も暮れて、いざ新幹線の駅前で何か食べようと店を探しますが、見当たりません。ホテル併設のレストランかビストロはありましたが、気分ではありません。仕方なしに雨の中、数百メートル離れた国道沿いに行きますが、こちらもパッとせず。みんな何を食べているのでしょうかね。

薩摩川内市の駅前のビジネスホテルは、原発の作業員でほぼ満室、取り辛い状況ですから飲食店があっても良さそうなのですけどね。

唯一、空いていたのがラーメン十八番。鹿児島県内を走っていると良く見かけるチェーン店です。他に選択肢がないので入店、ちょっと緩めのオペレーションでも、他にないから待ちます。カウンターに座り、メニューを見ていると、お冷と一緒に小皿に入った漬物が出てきます。これが鹿児島流。豚骨ラーメンのラインナップのなかで、目が留まったのが、「かつおらーめん」。鮪じゃないんだ。

もちろん、鹿児島の枕崎を含め鰹節の一大産地です、ラーメンの出汁にも使っています。それでも、このかつおラーメンは、かつおビンタの燻製で深みのある出汁をとり、塩味スープに仕上げた上に、かつおのタタキとかつおの竜田揚げがのっているのです。他に味玉、メンマ、貝割れ大根、ネギ、生姜とあっさりだけど、しっかり味のラーメンでした。

かつおのタタキはスープで少し熱が入る方が味わいがありますね。ちょっと塩味が強くてリピートは無いかな(個人の意見です)

「十八番かつおラーメン」

ところで、薩摩川内や隣のいちき串木野は、漁業の町です。特に串木野はマグロ船が出る港。

僕が出かけた日に、友人がいちき串木野に来て、こちらはマグロラーメンを食べたとSNSにアップしていました。

まぐろの頭と野菜を煮込んだスープと鰹と昆布の出汁を合わせて、こちらはマグロの漬けをトッピングしています。

調べていると、マグロの方が歴史がありそうですね。

次回の出張では、マグロラーメンを試してみたいと思います。

「みその食堂」

https://www.a-misono.com/shop/ramen-misono/menu
上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  2. 2

    「アメリカから続々日本進出する外食チェーンの実力度」(商業界 飲食店経営2006年9月号)

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP