いちご農園のカフェ

食の宝庫九州から

苺の季節ですね。

福岡県の苺といえば「あまおう」

あかい、まるい、おおきい、うまい。から「あまおう」という名前を付けられました。

福岡県のプロモーションの成果で海外輸出も20億円越え、国内でも栃木県に次いで2位を占めています。

国内での流通では、やはり東京との距離感と物流コストで栃木県が優位なのは否めないところでしょう。

品種別のシェアでも「とちおとめ」がNo.1を維持しています。

それでも、「あまおう」の大きな果実は魅力があると贔屓目に思っています。

私の住む、久留米市に隣接する広川町は、あまおうの大産地です。

苺のハウスが沢山立っていて、出荷の最盛期です。週末になるといちご狩りで賑わっています。

そんな苺畑の真ん中に苺のパフェを専門に出すカフェがオープンしています。

広川いちご園がハウスの横に出している小さなお店ですが、パフェ、ドリンク、スイーツ缶と苺がメインです。

注文してから作るというスタイルを守っています。

イートインとテイクアウト、席数が少ないので、この季節からは外のテラスが気持ち良いかもしれません。

いちご狩りとセットになったメニューもあり、ここに来ないと食べられないというのが一番の魅力だと思います。

スイーツ缶を頂きました。(ワンコがいるのでテイクアウトで)

缶の周りに苺がびっしり、中は台湾カステラと生クリーム。程よい酸味の苺とカステラの甘さが絶妙のバランス。量も適当で満足でした。

最近インスタ映えを狙ってか、デカ盛りの苺パフェとかありますが、おかしくないですか?

苺の一粒を大きく真っ赤に育てるのに農家さんがどれほど手間をかけているか、苺は単体でも美味しい果物なのに残念なことが多いです。

もしくは、配送を優先して果実がつぶれる前に収穫した未完熟の赤いだけの苺を何とか消費するためにドレスアップしているのか。

苺農園が畑の横にカフェを作る。

完熟の苺、形の悪い苺を形を変えて提供する。価格は抑えめ、味は最高のスイーツになっています。

食べに行くのが、ちょっと遠いのは、仕方ないかな。

ドライブには最高の季節なので、地方に住んでいる特権だと思います。

ロカヴォール

https://www.instagram.com/locavore15/
上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  2. 2

    「アメリカから続々日本進出する外食チェーンの実力度」(商業界 飲食店経営2006年9月号)

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP