冷や汁万歳

食の宝庫九州から

宮崎県の名物料理である「冷や汁」紹介するには季節が遅い気もしますが宮崎市の鉱脈社という出版社からローカル色満点の本が出版されたので書いておきます。

作者は、宮崎日日新聞の元記者で日本各地の冷や汁文化を取材して冷や汁アンバサダーを名乗る外前田孝さん、もう一人は元宮崎県庁職員で文筆家の日高大介さん、この方は冷や汁伝道師らしいですが、オリジナルの冷や汁レシピを作って広めている方です。

どちらも冷や汁に賭ける思いが熱い熱い。

取材は宮崎県内に留まらず、熊本、愛媛、広島、埼玉、山形まで訪ねています。歴史的な成り立ちや、新しい冷や汁の提案。素材を工夫すれば、ヴィーガンにも対応できる柔軟性などで、冷や汁を世界に広めていきたいという意気込みも感じます。

冷や汁は決して冷たい味噌汁ではないのです。

丁寧にこしらえたひと椀をサラサラと掻き込んでみたくなる、情報満載の一冊です。

鉱脈社

http://komyakusha.jp/

上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  2. 2

    マックのマニュアル 07

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP