Cheese Fun! Fan! Fun!に行ってきました🧀

立教大学生インタビュー

10月15日、16日に新宿住友ビル三角広場にて開催されていた「Cheese Fun! Fan! Fun! 2022」に行ってきました。

全国で作られている「日本のチーズ」の美味しさ、魅力を知ってもらうべく、北海道から沖縄まで、300種類ものチーズが集まるこのイベント。

会場内には、チーズの作り方、「食べやすさ」「固さ」などで分類したCheese Map、日本でのチーズの歴史など、様々な角度からチーズについて学べるパネルが展示されていました。

ビジュアルで分かりやすいCheese Map

これらの展示の中で特に興味深いと感じたのは、『「チーズ」を意味する世界の言葉とルーツ』です。

メニューで見かけることの多い、「フロマージュ(fromage)」はフランス語、「フォルマッジョ(formaggio)」はイタリア語、「ケイジョ(queijo)」はポルトガル語で、それぞれ「チーズ」を表します。日本では、英語の「cheese」が由来の「チーズ」と呼ぶことが一般的なため、どの呼び方も「チーズ」という意味だったことを初めて知り、驚きました。

この他にも、ラテン語では「カセウス(caseus)」、トルコでは「ペイニル(peynir)」、スペイン語では「ケソ(queso)」など、国や地域によって違いがあることも学ぶことができました。

様々なミルクから作られます。

そして、このイベントではチーズについて学ぶだけでなく、ナチュラルチーズの試食「運命のチーズ探し体験」をすることもできました!

入口で頂いた「チーズの地図」を頼りに辿り着いた宝石の種類によって、試食できるチーズが異なります。

「チーズの地図」を片手に運命のチーズを探しへ

199種類の中から、それぞれセレクトされた8つのチーズを実際に試食、「白カビ」「シェブールチーズ」「カチョカバロ」など、多種多様なチーズがラインナップされていました。

クセの強い、個性派のチーズなど、食べる機会の少ないチーズにも挑戦することができ、とても楽しかったです。

(ちなみに私はミルク感の強いフレッシュタイプのチーズが好みでした☺️)

この中に運命のチーズが!?

今回のイベントで、日本国内でこんなにもたくさんのチーズが作られていることに驚きました。都内で作っている生産者も紹介されていたので、実際にお店にも訪れてみたいです! 【K】

https://cheese-fun.jp/funfanfun/

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP