人と食の魅力あふれるまち、十勝・帯広レポート

立教大学生インタビュー

5月20日・21日に、北海道は帯広、そして十勝清水町に行かせていただきました。今回はそのレポートです。

1日目、始発の飛行機でとかち帯広空港へ。

着陸直前、窓から見える一面の畑の景観にびっくり。眠気も吹っ飛び、「いよいよ北海道に来たな」と感じました。

空港からの陸路も、畑や山々、牧場など、車から景色を楽しむことができました。2日間通して、一般道でも車がほとんど止まらなかったのが印象的です。

1日目の最大の目的地、「カールプレックスおびひろカーリングホール」へ。

帯広でカーリングの普及活動をされている大野福公(おおの・ふくひろ)さんにお会いしました。

私は現在、石川さんに付いて「農泊」事業に関わっており、そこにカーリング体験のプログラムを組み合わせたいと考えています。その地域が十勝清水町なのですが、清水町から近い帯広で活動されている大野さんも地域振興をしたいという考えをお持ちで、6月にカーリング体験付き観光ツアーを企画されているということで、今回お会いさせていただくことになりました。

大野さんは帯広畜産大学のご出身で、大学時代にカーリングを始めたそうです。

もともとは市役所に勤めていましたが、2018年に軽井沢拠点のトップチーム「SC軽井沢クラブ」に加入し、カーリング選手の道へ。目標としていた北京五輪出場は叶いませんでしたが、チームを退部後、故郷・帯広に戻り、現在は自身のYouTubeチャンネル『大福CurlingTV』を中心に普及活動に努めています。

YouTubeチャンネルの登録者は7000人を超え、カーリング関係者なら誰もが知る存在です。

YouTubeでは試合の同時解説配信(大会シーズンは毎日のように!)や週に一度のカーリング情報配信などを、チャット欄のファンと共につくり上げており、メディアを通してカーリングの楽しさを発信し、カーリングに興味を持ってくれる人を増やしています。

1日目のランチは、地元民に愛されるカレーのお店「インデアン」へ。帯広市を中心に10店舗ほど展開しています。

北海道でカレーというと、私は札幌のスープカレーがまず浮かんでいましたが、インデアンは家庭のカレーに近いドロッとしたルーです。創業者独自のレシピによって生まれたルーはお米との絡みが良く、食べ始めると止まらない、クセになる味です。

テイクアウトもできるのですが、なんと家庭から鍋を持って行ってテイクアウトもできるそうです。

その後、雑誌「スロウ」を出版しているクナウパブリッシングでの打ち合わせに参加。

北海道で暮らす私たちが、北の暮らしや人、モノ、お話などを見つめ直し、楽しむための本、スロウ。これまで光の当たらなかった北海道の本当の魅力がたっぷり詰まっています。

https://kunaw.jp/business/slow/

「スロウ」の中もそうですが、今回訪問したショップにも、魅力的な雑貨やお菓子、コーヒーなどが並んでいました。また、同じ日にマルシェも開催されていたそうで、北海道各地から集まっていました。何かを発信するところには、自然と人や物が集まるなと感じます。

2日目はいよいよ清水町へ。森田農場を訪れ、広大な農地に驚き。豆類を中心に栽培しており、黒豆茶とあんこをいただきました。森田さんの人柄にも惹かれました。これでも、十勝の人は「我が強い」と言われているそうです。

1日目の夕食「pontdoux」。森山さんご夫妻が始めたお店です。旬のアスパラ、絶品でした。
宿泊した「HOTEL NUPKA Hanare」では、エントランスにおすすめスポットがQRコード付きで紹介されていました。
2日目に訪れた清水町アイスアリーナ。メンテナンス中で、氷の張っていないリンクは初めて見ました。
アイスアリーナにはバーベキュー場も併設されています。
2日目のランチは牛とろ丼と牛玉ステーキ丼をいただきました。清水町の魅力的な食の一つです。こちらも絶品でした。
ランチをしながらプレゼンの様子です。清水町企画課の吉田さんにお話を聞いていただきました。
圧巻の十勝晴れです!この景色だけで、また来たくなります。

今回、初めて十勝・帯広を訪れたのですが、人柄の良さ、過ごしやすい気候、「十勝晴れ」の気持ちよさ、北海道らしい景観、そして美味しい食など、魅力がたくさんありました。こういった魅力が、人を惹きつけ、「また来たい」「住みたい」と思わせてくれるのだなと感じます。【M】

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  2. 2

    「アメリカから続々日本進出する外食チェーンの実力度」(商業界 飲食店経営2006年9月号)

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP