植物肉の試食会を行いました!

立教大学生インタビュー

川村学園女子大学の植物肉プロジェクトチームの学生と、立教大学外食産業インターンの学生ら10名で植物肉メニューの試食会を行いました。

グリーンミートを使用したハンバーグ、ソーセージ、ナゲット、小籠包、植物肉丼の具、グリーンミートのひき肉で作ったタネの手ごねハンバーグ、これらに加え、比較対象として、IKEAのベジボール、プラントボール、ミートボールを用意し試食しました。

右から「プラントボール」「ベジボール」「グリーンミートのウインナーソーセージ」です

IKEAのベジボールは、コーンやグリーンピースがごろっと入っていたため、お肉のようには感じられませんでしたが、その他のメニューは、どれもお肉を使っていないとは分からない味わい、食感でした。

その中でも、特に美味しいと人気だったのが、

① 小籠包、

② 手ごねハンバーグ

③ ソーセージ、IKEAのプラントボール

でした。

小籠包は、たけのこなどの食感、モチモチの皮からジュワッと溢れ出る旨味があり、お肉が使われていないとは分からない味わいでした。

手ごねハンバーグは、スパイスの香りが強い調理済みのハンバーグと違い、自分好みに調理することができるため、味付けの選択肢を広げることができます。大根おろしとポン酢で食べる和風ハンバーグのような料理にも合わせやすいように感じました。

ソーセージは、パリッとした食感がないため、魚肉ソーセージのような印象を受けました。また、IKEAのプラントボールは、少しパサついているという意見もありました。

「プラントベース・ナゲット」、「Green小籠包」

なかなか一度に、様々な種類の植物肉のメニューを食べることはないので、とても勉強になりました。濃い目の味付けにすることで、大豆っぽさを最小限にしているイメージが強かったですが、自分で味付けできるひき肉タイプのグリーンミートもでているため、用途ごとに使い分けやすくなるのかなと感じました。【K】

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マックの裏側 第15回目 マクドナルド創業メンバーが語る秘話

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP