雪ん子寿司

食の宝庫九州から

このマガジンのコラムニストでもある大橋美奈子さんが、大分県佐伯市に移住されているので、九州担当としては会いにいくしかないでしょう。

ということで、大分県南東部の佐伯市に出かけました。

佐伯市のことは大橋さんがレポートを書いてくれているのでお任せしないといけないところですが、大橋さんが移住される以前から食べてみたかった、「雪ん子寿司」だけは紹介したいなと思います。

佐伯市は2005年に1市5町3村が合併した九州で一番面積の大きな市です。

雪ん子寿司を作っている、愛の里工房も本匠村という少し山手にある村にありました。

大分県といえば「一村一品運動」、「雪ん子寿司」を作った高橋さんが村の名物を作りたいと発想してからやがて30年になります。第14回きのこ料理コンクール全国大会で最優秀賞に輝いているそうです。

椎茸にうっすらと雪が積もったイメージから、「雪ん子寿司」と名付けられたお寿司は、味付けた干し椎茸に薄切りした酢漬けの大根が乗ったお寿司です。

ヘルシーで、見た目も爽やかで、今でも人気なのです。

「雪ん子寿し」誕生から28年 変わらぬ人気ぶり…考案した女性の思い

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/482480?display=1

愛の里工房

https://yukinkosushi.stores.jp

大橋さんの案内で、港の駅で活きのいい魚を使ったお寿司と一緒にいただきました。魚の寿司も抜群に美味しいのですが、雪ん子寿司もさっぱりとして美味しくいただきました。

この市場は2021年5月に「ごまだし」として紹介しています。今回も、ごまだしの乗ったうどんを食べました。エソなどの魚を炙って胡麻と一緒にすり潰し、お醤油などで味付けただしは、それだけでうどんが出来てしまいます。

佐伯には、海山とも美味しい素材に溢れています。

大橋美奈子さんには、これから沢山紹介して頂くことを期待したいと思います。

上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  2. 2

    マックのマニュアル 07

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP