旬の「東京野菜」が主役の料理はいかがですか?

立教大学生インタビュー

小田急センチュリーサザンタワーの20階、サザンタワーダイニングにて、東京野菜が主役の“ベジフルコース”をいただきました。

東京で育てられた旬の野菜が、料理長の石川シェフの手にかかることで、野菜だけとは思えない料理の数々となっていました!

・インカのめざめのチップ

シンプルな調理法だからこそ、ジャガイモの甘さを感じることができました。

・グリーンピースのひと口スムージー

グリーンピースの青臭さを感じないスムージーでした!

・カラフルトマトのデクリネゾンと豆腐のサラダ 花畑仕立て

見た目も華やかなサラダです。

・春キャベツのグリル グリーンミートのスパイシーボロネーゼソース

少しピリッとするグリーンミートボロネーゼが、キャベツの甘さを引き立てていました。

前菜をいただき、メインディッシュは旬の野菜の中から好きなものを選ぶことができます。

今回は、「新玉ねぎ」「アスパラガス」「ヤングコーン」の3種、全てご用意していただきました!

3種類全てのお野菜をいただきました!

どのお野菜も、フリットやグリルなど調理法が変わるだけで、全く異なる味わいを楽しむことができました。

デザートには、オリーブパウダーとパッションフルーツソースがのったガトーショコラをいただきました。

素敵な盛り付けのデザートです。

野菜だけですが、それぞれのお野菜の美味しさを引き出す様々な調理法や盛り付けによって、とても魅力的で、大満足のコース料理となっていました。

「東京野菜」という言葉を聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、このベジフルコースをいただくことで、「東京野菜」への認識が変わるのではないでしょうか。

6月1日からは新たなメニューに変わるそうなので、ぜひ、新鮮な「東京野菜」を味わいに訪れてみてください! 【K】

「小田急センチュリーサザンタワー サザンタワーダイニング」

https://www.southerntower.co.jp/…/st…/restaurant_lunch/

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マックの裏側 第15回目 マクドナルド創業メンバーが語る秘話

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP