福岡クラフトブリューイング

食の宝庫九州から

福岡市と北九州市の間は、双方の都市へのベッドタウンとしてJR鹿児島本線の駅ごとに街が拡がって来ました。

ここ十数年は福岡市よりの方が勢いがある感は否めません。

その加減でいうと真ん中より北のエリア、岡垣町付近は、駅から少し離れるとのんびりした田園風景が広がります。

また海の方へ向かうと、松林が続く絶好のドライブコースが延びています。

ご紹介したことがあると思いますが、森の中に結婚式場や、オーガニックビュッフェのレストラン、海沿いの温泉宿、コンテナボックスを改装した鮨屋などを展開するグラノ24Kの「葡萄の樹」などが人気を集めています。

そのエリアに地ビール工場がオープンしたので出かけてきました。

「福岡クラフトブリューイング」

福岡市大名で、テキーラとタコスの店を経営しているエルポラーチョは、数年前からクラフトビールを作っていましたが、さらに事業を拡大する新工場を建設しました。

岡垣町の郊外の峠道を登り始めたところに、ブルーに塗られた工場というよりカフェの佇まいの建物です。

1階正面カウンターの奥に、ビールを注ぐノズルが並び、工場出来立てのビールが飲めます。数が多くて悩みます、そんなとき用に飲み比べセットがあったりします。フードメニューもビールのおつまみになるものが揃っています。

ビールはホップの使い分けや、みかんのフレーバーがしっかりしたもの。苦味の強弱と好みのものを探す楽しみがありそうです。わかるまで飲んでしまうとひっくり返るかもしれません。

ペールエールや、IPA、Hazyと定番のクラフトビールを作るのはアメリカ人の醸造家。腕は確かだそうです。

こちらのビールは、通販でも扱いがあり。また飲食店などからオーダーを受けてオリジナルのビールを醸造しています。

シーズンが良くなると、デッキの椅子に座って飲むのも楽しそうですし、自宅で取り寄せてプシッと缶を開けても良さそうです。醸造タンクも5倍くらい増えているので、新作もどんどん生まれて来そうです。

この春から夏に向けてクラフトビールが話題になっていきそうな予感がします。

https://fukuokacraft.com/
上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  2. 2

    「アメリカから続々日本進出する外食チェーンの実力度」(商業界 飲食店経営2006年9月号)

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP