ひばり工房

食の宝庫九州から

阿蘇は、東西18キロ、南北25キロの世界最大のカルデラ火山です。世界遺産になれないほど、先史以来ヒトが暮らし開拓をし、草原では牛を飼ってきました。

草原で放牧されるのは、あか牛と呼ばれる、在来種とシンメンタール牛の交配によって改良され昭和19年に登録された和牛です。

春から、秋にかけて、広大な阿蘇の原野に放牧され草だけで育った赤身が美味い肉牛です。

そんなあか牛を育てるところから、調理、加工する工房が、阿蘇谷の真ん中にありました。

ひばり工房

http://hibariko-bo.com/

正面に阿蘇のシンボルである、阿蘇五岳がそびえる田んぼの真ん中にあります。

周囲に建物がないので、空が広い広い。そんな場所に、こんもりと木に囲まれたカフェと、何やらバイクのガレージらしい建物、レストラン、ソーセージ工房が並んでいます。

僕らが訪ねた数日前にテレビの番組で取り上げられていたため、開店の11時には満席、60分待ちという状況でした。

さすがに待てないので、ガラガラのカフェに座り、ホットドッグとコーヒーを注文しました。待っている間は、田んぼの緑越しに、朝方の霧が晴れていく阿蘇高岳を眺めていました。のんびりして良いものです。

ホットドッグは、自家製のソーセージをパンで挟み、赤うしのソースを掛けたもの。パリっとしたソーセージは嫌な味もなくとても美味しいものでした。

ということで、ソーセージ工房で、フランクフルト、ウィンナーソーセージ、ベーコンを購入して帰りました。

自然に囲まれて、原料になる牛を育て、手の届く範囲で加工し、調理して提供する。空いた時間には趣味のバイクをいじる。良い感じだなあ。

次回は、満席で食べそこねたハンバーグを食べにくることにします。

上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP