苦手な食べ物はございますか?

食の宝庫九州から

良く聞かれるセリフです、嫌いなものとかアレルギーとかで避ける食品はありますね。

僕の場合は、職業柄、生牡蠣は食べません。他にも生肉なども、食中毒菌のリスクを避けられませんので口にしないようにしています。

先日、超絶予約の取れない店に行く機会がありました。予約をしていた友人が、同行者がオミクロン株に罹患してしまい、代打として声が掛かり、一も二もなく快諾。楽しみだなと思っていたら、更に友人が骨折したと連絡があり。代打の代打で、友人を誘い訪店することにしました。

予約名が変わるということで、先に友人が店に連絡を入れてくれていました。苦手なものはないかと聞かれていたが、何かあったら折り返しておくようにと言われたものの、まあ面倒なので放っておきました。

ところが予約前日に、店から確認の電話が入ります。

この時期、ドタキャンも日常で起こり得ることですからね。時間と人数の確認だったのですが、重ねて「上田様は、牡蠣が苦手ではありませんでしたか?」との問い。

驚きました。実はその店は2年前に訪店。その時に牡蠣はダメと伝えていました。2年前の時も、予約したが行けないのでという代打での食事でしたし、名前と電話番号くらい伝えただけ、まあ一見さんみたいな者だったのですが。

ここまで、ホスピタリティに気を配ってくれるお店ですから、ミシュランの星や、アジアベスト50に入るはずです。さすがというしかありません。

お料理は、お任せで7皿とデザート2皿。

フレンチだけど、和食のテイストが深く入った、オリジナルなものばかりでした。美味しく、お腹いっぱいになりました。

一皿紹介すると、最初に出てきた、佐賀県太良町産の生牡蠣の身をミキサーに掛けてスフリケーション。有明海産の生海苔とハーブのソースを乗せ牡蠣殻の上に再構築したもの。生牡蠣の様に殻ごと口に運ぶと、口の中ではじけて海の旨味が広がり、鼻に抜ける潮の香りが堪らない・・・のだろうなあ。すみません。やっぱり僕は牡蠣はNGなのです。あぁ食べたかった。

さて、帰り際、シェフに聴きたかった新店の話。数年前からバンコクのトップシェフとのコラボ店。準備は着々と進みコロナが無ければ開いていたはずだけど。なんとか年末までにはオープンさせるということ。

またまた予約の取れない店になるのだろうなあ。

代打の声が、いつ掛かっても良いようにウォーミングアップだけはしておきましょうかね。

上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP