weekly Food104 Magazine 2012年8月29日号

メルマガバックナンバー

● FSPRO旬の味を喰らう会のご案内
● 中国外食ニュース
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック
● 王利彰の米国外食情報

**************************************************************
莫莫居 鶯 からのご案内です。

今回ご紹介させていただく食材は「鰹のたたき」と「白神あわび茸」です。
「鰹」は、春から初夏にかけて北上した鰹が、たっぷり脂を蓄えて三陸沖に帰
ってきます。これから迎える秋はまさにその時期です。鮮烈な赤身に凝縮され
た濃厚な風味。「戻り鰹」の到来です。この時期の三陸沖の『鰹』は最も良い
とされ、『トロ鰹』と呼ばれています。

鰹はお刺身やタタキ以外にも、唐揚げや煮物(里芋、じゃが芋を入れて)で
も美味しくいただけます。内臓は塩漬けにして「酒盗」になります。

余談ですが、鰹は鰓蓋が動かないので酸素を取り入れるために泳ぎながら海
水を鰓孔に流入させます。止まると即窒息死するそうです。ですから常に懸命
に泳いでいるので引き締まった身になるのですね。

「白神あわび茸」は、エリンギとバイリング茸の掛け合わせで出来た新品種
のきのこです。笠部分の直径は約10センチ。肉厚でコリコリとした食感はまる
で鮑のようです。生育環境を自然に近づけるため、温度、湿度管理の徹底をし
て、白神山地系秋田杉作りオガと広葉樹を使用するなど、原材料にこだわりぬ
いています。それが「白神あわび茸」と名付けられた所以です。

さらに白神あわび茸は、無農薬・無添加物栽培で、一本一本が生育段階で選
抜され、大切に育てられている体にやさしい茸です。

今回のお料理は「鰹のたたき」と「白神あわび茸の天ぷら」です。

「鰹のたたき」は、茗荷、玉葱、大葉、ニンニクなどの薬味と一緒にお召し上
がりいただきたいと思っています。

「白神あわび茸の天ぷら」は、シンプルに天然塩でお召し上がり下さい。

それでは美味しいお酒とお料理を取り揃えて従業員一同、皆様のお越しをお
待ちしております。

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)
担当 :店長 藤代(ふじしろ)

東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1
電話  :03-3987-0085
メール :info@bakubakukyo.com
地図  :http://www.bakubakukyo.com/shop.html
営業時間:年中無休(年末年始以外)
ランチ  月~日 11:30~15:00
ディナー 月~土 17:30~24:00
日・祝 17:30~23:30

**************************************************************

△▼△▼△▼△▼△▼△

● FSPRO旬の味を喰らう会のご案内——————————-■□

■ FSPRO旬の味を喰らう会「周防大島のウニと魚たち」のご案内

もうすぐ9月だというのに残暑が厳しいですね。気象庁の予測によると9月も
暑さが続くようで、食欲も減退しがちです。そんな時には取って置きの美味し
い食材を調達し、食欲を刺激しないといけません。前回はキャビアと鱧という
贅沢な組み合わせでしたが、今回も雲丹をリクエストしました。

以下は雲丹調達担当の佃さんのご案内です。

今回の旬の味を喰らう会は、9月10日(月)になります。前回の開催から数え
て間もないことになりますので、特に今回は張り切って、ご案内させていただ
くことにしました。ただ、秋というにはまだ早いので、夏の名残というテーマ
になるのでしょうか。

さて、メインはウニにしました。というのも、ご縁がありまして、つい先日山
口県周防大島の東端にある伊保田というところに伺いました。その折、ちょう
ど今がアカウニの最盛期で漁期的には9月末までだというお話を漁業者の方か
ら伺いました。しかも、広島ではこの地域のウニがブランド品となっていると
のお話もあり、しかも皆さんから「ウニが食べたい」との強い要望もあったも
のですから、ウニをテーマにしないわけにはいかなくなってしまったのです。
食欲とは、実に恐ろしいものです。

前々回は鰻、前回はキャビア、そして今回はウニということで、ここのところ
非常に贅沢さが際立っておりまして、次回以降のテーマづくりが非常に難しく
なりつつあります。しかし、ここまでくればなるようにしかならないのが道理
です。ともかく、ウニを喰らっちゃうことにしました。

もちろん、殻つきのアカウニのほかに、量的にも食べられるようにとウニの折
(むき身)もお願いしておりまして、皆様におかれましてはきっとご満足のい
く量が食べられるのではないかと思っています。ウニは、40名様分をご用意さ
せていただくこととなっております。

そして、もうひとつ、周防大島には、沖家室島という島があり、橋でつながっ
ています。この島の36歳の若い漁師さんが、一本釣にこだわって漁業をされて
いるのです。彼は、Iターンされた人で、元は測量士だったそうです。その人
が、会社を辞め、沖家室島の漁業者のもとに弟子入りし、かむろ鈎(地元では
有名)を使った1本釣り漁業を習得したのです。今や、漁業者としては、沖家
室の最若手として、一所懸命がんばっています。そこで、今回は、彼がこだわ
って釣った魚であるマダイ、アジなどをお願いすることにしました。

以上、周防大島で漁獲される魚とウニの競演による旬の味を喰らう会になりま
す。
食欲の秋に向けて、最高の旬の味を喰らう会になるのではないでしょうか。
皆様のご出席をお待ちしています。

○開催日時:平成24年9月10日(月)午後7時~
場所:莫莫居鶯(ばくばくきょ うぐいす)
〒171-0021 豊島区西池袋1-18-1五光ビル地下1階
TEL:03-3987-0085 *藤代(ふじしろ)
URL: http://www.bakubakukyo.com/
○会費:5,000円

○申し込みは以下のフォームで王まで( oh@sayko.co.jp )お願いします。

**************************************************
平成24年9月10日 月曜日 旬の味を喰らう会
「周防島の雲丹」のご案内
に参加します。(Food 104マガジン読者)

ご芳名
人数
メールアドレス
連絡先の電話番号
**************************************************

○今年の旬の味を喰らう会の予定
10月15日、11月26日、12月29日(リクエストにより)を予定しております。
予定に入れておいてくださいね。

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 中国外食ニュース ——————————————-■□

■ 第110回 「夜上海」イエシャンハイ

有限会社清晃 取締役 中国担当
立教大学BD博士課程後期
劉暁穎

夜上海(イエシャンハイ)

上海出張二日目、新天地にある人気の上海料理レストラン「夜上海(イエシ
ャンハイ)」を訪問。夜上海は香港人オーナーが経営し、現在香港と上海に各
二店舗を構え、2005年には東京銀座にもオープン(グラナダと提携して開店し
たが撤退)。尋ねたのは上海一号店で、場所は観光スポット「新天地」の北サ
イド。

新天地はフランス租界時代に盛んに用いられた「石庫門」と呼ばれる上海独
特の建築物を保存する目的で、この区画をまるごと改装してキレイにし、商業
施設として生まれ変わったエリア。人気のレストランや雑貨のショップなどが
集まり、上海観光には外せないスポットの1つ。昔よく香港などの有名人密会
の場所や接待の場所として使われていたが、現在観光地化し、有名人もあまり
利用しなくなった。

喧騒の新天地から店内に入ると、静かで優雅なインテリアと細やかなサービ
ス、大人のムードで、落ち着いて食事が楽しめる。中華料理は大人数でないと
いろんな種類を食べられないと思われているが、ここは一皿の分量が少なく、
カップルで食事に来られても色々な料理を味わえる。お値段もそれなりにちょ
っと高めだが、上品な味でいつも満席状態だ。

上海料理を中心に提供しているが、フカヒレなどの高級食材、海鮮料理、北
京ダック、点心類や麺類など、中国料理の中で食べるべきアイテムがそろって
いる。色々な中華料理を食べに行きたいけど時間的に余裕がないという外国人
の方にはぴったりのレストランだ。建物、雰囲気、インテリア、音楽、美食と
美酒、全てオールド上海を演出しているのが人気の秘密だ。

特に料理に使われる食材にこだわり、上海蟹の季節だと、陽澄湖(上海蟹の
元産地)海鮮湯を頼むと、上海蟹が贅沢にまるまる入ったスープが提供される。
とはいえ、先生方からご馳走してもらうため、高価な上海蟹を遠慮して、代わ
りにエビのチリソース炒めを注文した。ぷりぷりの大きな蝦におこげが添えて
見た目はお洒落で、決して期待を裏切らない上品な味だ。チリソースはちょっ
と甘いかな。

メニュー(メニューの一部ご紹介)

シェフおすすめ
海鮮18種42元、車えびのチリソース155元、夜上海特製魚のソテー380元、
フカヒレの煮込み280元/名、肉だんごの甘辛あんかけ75元、小龍包(4ヶ)28元/
550g、なまこのとろみあんかけ30元、あわびのオイスターソース煮込み320元/
個、フカヒレ、ハム、チキン上湯煮込み(要予約)1900元(5名分)、フカヒレ、
ハム、チキン上湯煮込み(要予約)

9月の新メニュー
上海風辛味そば45元、エビと竹の子のしゃきしゃき炒め55元、エビとパパイ
アの甘酢炒め42元、ほっき貝のあっさり炒め78元、スライス魚168元、レタス
と巻貝の炒めもの165元、豆腐海鮮詰め120元、田うなぎの醤油煮込みクレープ
包み88元、紹興酒漬け鶏肉とホタテの炒め物188元、蛤とエビの茶碗蒸し42元/
名、つばめの巣ブランデー風味68元/名

香港店ブログ
http://hongkong.cbco9.com/2012/04/ye-shanghai/
http://ameblo.jp/kuraicco/entry-11098371280.html

日本店ブログ
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/23489/

上海新天地店
http://www.daodao.com/Restaurant_Review-g308272-d1065414-Reviews-Ye_Sh
anghai-Shanghai.htmlhttp://www.daodao.com/Restaurant_Review-g308272-d
1065414-Reviews-Ye_Shanghai-Shanghai.html

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース —————————-■□

■ 中華三昧ブランドと中華の名店のコラボ
明星 中華三昧タテ型 四川飯店(しせんはんてん) 担々麺(たんたん
めん) 明星 中華三昧タテ型 赤坂榮林(あかさかえいりん)酸辣湯麺
(すーらーたんめん)2012年9月17日(月)リニューアル発売

明星食品株式会社(社長:山東一雅)では、タテ型カップめん『明星 中華三
昧タテ型 四川飯店 担々麺』と『明星 中華三昧タテ型 赤坂榮林 酸辣湯
麺』の2品目を、2012年9月17日(月)に全国でリニューアル発売いたします。

『明星 中華三昧タテ型 四川飯店 担々麺』『明星 中華三昧タテ型 赤坂
榮林 酸辣湯麺』は、「中華三昧」ブランドと中華料理の名店がコラボレート
し、名店の看板メニューをお手軽に楽しめる、タテ型カップめんです。当社独
自のスチームノンフライ製法によるしなやかな細麺と、2つの名店のおいしさ
を再現したスープを合わせました。

「四川飯店 担々麺」は、練りゴマやいくつもの香辛料を組み合わせた、お店
で味わうような香り高い担々スープが特徴です。「赤坂榮林 酸辣湯麺」は
力強い酸味と辛味、とろみのバランスを見直し、歴史ある名店の酸辣湯の味わ
いに近付ける改良を行いました。2品目ともに名店のおいしさの再現性を向上
させた、満足の一杯です。

【この件に関するお問い合わせ先】
明星食品株式会社 経営企画部  茅野(かやの)・農宗(のうそう)
TEL 03-3470-1679

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201208206365/
株式会社共同通信PRワイヤー

■ ~東京(銀座)レストランでの九州北部豪雨災害復興支援企画~
くまもと誘友(ゆうゆう)大使宮本健真さんが料理で九州を応援

熊本県では、本年7月に熊本市の「リストランテ・ミヤモト」のオーナーシ
ェフ宮本健真さん(食と農をつなげる活動をしている料理人を表彰する農林
水産省の料理人顕彰制度「料理マスターズ」平成23年度受賞者)を本県に関す
る観光や農業の情報発信をお願いする「くまもと誘友大使」に委嘱しました。

宮本さんには、最初の大使活動として、本年7月の九州北部豪雨で甚大な被
害を受けた熊本をはじめとする関係地域の生産者の皆様の復興を支援するため
東京都中央区銀座のレストランで熊本(阿蘇市、熊本市他)の赤牛・地きゅう
り・肥後ムラサキ(茄子)など地元の美味しい食材を紹介、PRしていただくこ
ととなりました。

本イベントは、同じく「料理マスターズ」で今回の被災地である大分出身の
梅原陣之輔さんと力を合わせて開催されます。お昼の部(メディア様向けプレ
イベント)と夜の部(一般のお客様向けチャリティーディナー)の2部構成で
すが、チャリティーディナーにつきましては、ご好評につき締め切らせていた
だきました。

是非、メディアの皆さまにおかれましては、お昼の部(メディア様向けプレ
イベント)にご参加くださいますようご案内申し上げます。開催概要は以下の
通りです。なお、チャリティーディナーの収益は、被災された地域の復興支援
のための義援金に当てられます。

日時:平成24年8月27日(月曜日) 12:00~13:30
場所:「坐来(ざらい) 大分」 TEL:03-3563-0322
東京都中央区銀座2-2-2ヒューリック西銀座ビル8F
*お申込みは不要ですが、人数把握のため事前ご連絡(上記)いただければ
幸いです。

主 催:料理マスターズサポーターズ倶楽部
(料理マスターズ受賞者の活動の広報、制度の普及、会員同士の協働事業を
支援する組織)

料理人:熊本「リストランテ・ミヤモト」 宮本健真さん
大分「坐来 大分」       梅原陣之輔さん

食材等支援:阿蘇市、熊本市、熊本県、大分県

内容
○生産者のお話(被害の状況、現在の様子、復興の動き 等)
○ビュッフェスタイルランチ(試食会)
*熊本、大分の食材を使ったコラボランチをお召し上がりください。
○熊本県、大分県の地元食材、観光資料等の展示 など

宮本健真氏(くまもと誘友大使)のプロフィール
○所属
熊本市で地元の食材に強いこだわりを持ち営業するイタリアレストラン
「リストランテ・ミヤモト」のオーナーシェフ
○経歴、活動等
料理マスターズ(H23)(主催:農林水産省)
県農業コンクール農業貢献賞(H23)を受賞
「アルチザンクラブ(九州の健やかなる食と農を育む会)」の会長として、
県産農林水産物を使った「食」を県内外へ積極的に発信

【この件に関するお問い合わせ先】
熊本県 農林水産部流通企画課 地産地消・加工班
TEL:096-333-2395

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201208226414/
株式会社共同通信PRワイヤー

■ カプリチョーザ・メニューの要で、最もこだわっている食材「トマト」を
テーマにした注目のキャンペーン!不動の人気メニュー「トマトとニンニ
クのスパゲティ」と共に食べたい、限定トマト新メニューが登場
キャンペーン期間: 2012年3月26日~2013年3月24日
第3弾メニューご提供期間: 2012年10月1日~12月9日

イタリア料理「カプリチョーザ」は、南イタリアでよく見かけるトラットリア
(食堂タイプのレストラン)をコンセプトにした、気軽で陽気なカジュアルイ
タリアン。1978年、東京・渋谷に1号店のオープン以来、「行列の出来るイタリ
アン」としてカジュアルイタリアンブームを巻き起こし、現在、北は北海道か
ら南は沖縄まで、さらに海外においてはカリフォルニア、グアム、サイパン、
台湾、フィリピン、マレーシア、ベトナム、シンガポール、中国へと広がり、
約130店舗規模までに拡大しています。

カプリチョーザの最?のこだわり素材、それは何といっても「トマト」。
数々の人気メニューに使われている、味の決め手となるトマトソースは、南イ
タリアのプーリア州フォッジアにある契約農場で栽培しているトマトを原料に
し、じっくり煮込んだ甘味とコクが自慢です。

「カプリチョーザトマトフェスタ “Buono! Pomodoro!” 」 (ブォーノ!
ポモドーロ 「美味しいトマト」の意)は、この「トマト」をテーマに、不動
の人気を誇る、「トマトとニンニクのスパゲティ」をはじめとするトマトメニ
ューと、トマトを使った限定新メニューをご紹介する注目のキャンペーンです。

限定新メニューは、カプリチョーザを愛してくださっているお客様参加による
モニター試食会を実施し、その声を反映させた力作、というのも見逃せないポ
イント。ぜひ、看板メニューと共にご賞味ください。
また、日頃のご愛顧に感謝して、オープン懸賞を実施。カプリチョーザWEBサ
イトから、または官製ハガキの応募により、イタリア旅行をプレゼント。さら
に、ご来店の上、対象メニューをご注文のお客様にはイタリア食材詰め合わせ
やお食事券が当たるチャンスも! カプリチョーザからの粋なプレゼント、是
非ご応募ください!

株式会社WDI JAPAN
マーケティング部広報 大林 鈴
〒106-8522 東京都港区六本木5-5-1 ロアビル9階
TEL: 03-3470-5307 FAX: 03-3479-0256
http:// www.wdi.co.jp
ホームページからも取材をお申し込み頂けます。http: //www.wdi.co.jp/pr

■ 大ヒット商品「JINROマッコリ」をベースにしたカクテルマッコリ
(マンゴ・ヨーグルト)に続き、3つ目の新フレーバー登場!!濃厚ピーチ
『JINRO桃マッコリ』9月3日より全国発売

「JINRO」、「JINROマッコリ」、「ハイトビール」などを扱う総合酒類会社、
眞露株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:楊(ヤン)仁集(インジプ))は、
大ヒットの定番商品「JINROマッコリ」をベースにしたカクテルマッコリのラ
インナップとして、『JINRO桃マッコリ』(ジンロモモマッコリ)を9月3日
(月)より全国発売することを発表致します。これは、去る6月に発売した
『JINROマンゴマッコリ』(ジンロマンゴマッコリ)、『JINROヨーグルトマッ
コリ』(ジンロヨーグルトマッコリ)の2品目に続く3つ目のフレーバーライン
ナップ。

日本のマッコリ市場規模は、2011年に前年対比約※249%増加して拡大を続けて
おります。眞露は2010年3月にプレーンタイプの「JINROマッコリ1000ml」およ
び「JINROマッコリ375ml」の発売以来、「JINRO黒豆マッコリ」、「JINRO CAN
マッコリ」などラインナップを増やしながら、マッコリの認知拡大に努めてき
ました。またJINRO焼酎同様、マッコリを様々なカクテルでの飲み方を提案し
各人の好みに応じた楽しさを追求してきました。*:「韓国貿易協会」発表 輸
入実績資料より

今回はそのマッコリカクテルの中でも人気の高いピーチフレーバーを、缶タイ
プの飲みやすいRTD商品として、発売いたしました。JINROマッコリをベースに
桃の果汁を20%と贅沢に使用。マッコリのほのかな酸味に、完熟した桃の甘い
香りとみずみずしさが絶妙の組み合わせで、心地よいリラックスタイムを演出
してくれる商品です。また、やわらか微発泡がスッキリとした飲み口に仕上げ
ています。これはカクテルマッコリシリーズ共通の特長で、アルコール度数も
6%なので納得の飲み応え。マッコリファンはもとよりマッコリ初心者の方も
気軽に楽しめるテイストです。

パッケージもカクテルマッコリシリーズと共通で、「JINROマッコリ1L」との
シナジーを感じさせるデザインベースにインパクトあるゴールドラベル表示を
あしらい、店頭や売場での存在感をアピール。熟した桃の絵柄がフルーツの美
味しさを想起させ、特に女性たちが気軽に手に取りたくなるパッケージです。

JINRO 桃マッコリ
○品名:JINRO桃マッコリ
○容量:350ml
○品目:リキュール(発泡性)(1)
○アルコール分:6度
○発売日:2012年9月3日(月)
○販売エリア:全国
○希望小売価格:217円(税抜)
○特長:
・桃果汁(20%)の濃厚で香り立つ甘みがJINROマッコリのほのかな酸味と絶妙
のマッチング
・熟した桃の絵柄とゴールドのラベルというパッケージが本格感と存在感をア
ピール

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]眞露株式会社
[部署名]マーケティング部
[担当者名]呉明淑(Ou Myoungsuk)
[TEL]03-5403-9575

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201208276496/
株式会社共同通信PRワイヤー

■ 「ボージョレー・ヌーヴォー」「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」の
予約販売開始 11月15日解禁

生活提案企業:株式会社JALUX(ジャルックス:代表取締役社長 横尾 昭信 東
証1部:コード2729)は、2012年11月15日(木)に解禁となるフランスの新酒ワ
イン「ボージョレー・ヌーヴォー(赤)」、「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォ
ー(白)」の予約販売を、2012年8月より開始いたしました。本年も高品質のヌ
ーヴォーを最高のコンディションで皆様にお届けするため、JAL 便でフランス
より空輸いたします。

Pierre Ferraud(ピエール・フェロー)社 ヌーヴォーについて
JALUXは、ボージョレー・ヌーヴォーを、1986年以来26年にわたり取引を行っ
ているフランスのPierre Ferraud(ピエール・フェロー)社より輸入していま
す。ピエール・フェロー社は、創業1882年、130年の歴史を誇り、ボージョレ
ー地区の中でも世界中から高く評価されている生産者です。ボージョレーのワ
インをパリに広めたパイオニア的存在としても有名です。現在においても、創
業当時のポリシーを受け継ぎ、家族を中心とした独立経営を行い、大量生産を
せず、高品質なワインを造り出しています。年による品質のむらが少なく、ま
た信頼のおける造り手として高く評価され、フランス国内をはじめ、世界約40
カ国でも親しまれるに至っています。

ピエール・フェロー社の「ボージョレー・ヌ-ヴォ-」は、ブルゴーニュ地方
ボージョレー地区で豊かに実るブドウ「ガメイ種」の、「マコン・ヴィラージ
ュ・ヌーヴォー」は白ワイン産地として有名なマコネ地区のブドウ「シャルド
ネ種」の、それぞれの品種と土壌の個性を最大限に生かすことをモットーに造
られています。

JALUXは本年も、人気の「ボージョレー・ヌ-ヴォ-」、「ボージョレー・ヴ
ィラージュ・ヌ-ヴォ-」の赤2種類と、フレッシュ感に溢れフルーティーな
味わいの「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」(白)をご用意しています。
11月15日(木)の解禁日は、ピエール・フェロー社の「赤(ボ-ジョレー)」
と「白(マコン)」のヌーヴォーをぜひお楽しみください。
*ボージョレー・ヌ-ヴォ-は、クリアボトルを採用し環境に配慮しています。

販売について
業務用卸、法人企業への小売、一般小売
マイルがたまるショッピングサイト「*JALショッピング」
(http://www.shop.jal.co.jp/)

など、様々な販路にて予約を受け付けております。
*通信販売における予約受付は、2012年9月30日を締め切りとさせていただいて
おります。(化粧樽入りは、9月20日まで)
*商品のお届けは、11月15日~

(通信販売価格:税込)
・ボージョレー・ヌーヴォー(750ml)×6本入り 15,120円
・ボージョレー・ヌーヴォー(750ml)×12本入り30,240円
・ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(750ml)×6本入り16,380円
・ボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー(750ml)×12本入り32,760円
・ボージョレー・ヌーヴォー小樽(4.75l)×1樽入り 55,650円
・ボージョレー・ヌーヴォー大樽(15l)×1樽入り  90,300円
・マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー(750ml)×3本入り 8,190円

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社JALUX
[部署名]経営企画部 広報IRチーム
[担当者名]鈴木
[TEL]03-6367-8822

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201208276505/
株式会社共同通信PRワイヤー

■ タカラCANチューハイ「直搾り」くちどけ
<スイートストロベリー><スイートパイン>新発売

宝酒造株式会社は、なめらかな口あたりが特徴のチューハイ“タカラCANチ
ューハイ「直搾り」くちどけ”シリーズの新フレーバー2種<スイートストロベ
リー>と<スイートパイン>を9月11日(火)より全国で発売します。

“タカラCANチューハイ「直搾り」くちどけ”は、果実が口の中で溶けるよ
うななめらかな口あたりとやさしい甘さが楽しめるアルコール分3%のチュー
ハイです。

今回発売するのは、芳醇でまろやかな甘みとほのかな甘酸っぱさが楽しめる
<スイート ストロベリー>と、華やかな香りとさわやかな甘酸っぱさが楽しめ
る<スイートパイン>の2種類です。果汁には、搾ってから透明化処理や濃縮還
元を行わないストレート混濁果汁を使用し、果汁のみずみずしさとやさしい甘
さを楽しめる味わいを実現しました。

近年、ソフトアルコール市場は、高アルコールの辛口の味わいが注目を集め
る一方で、低アルコールで甘みのあるチューハイの人気も高まっています。当
社では、“タカラCANチューハイ「直搾り」 くちどけ”シリーズに、新フレー
バーを加えることで話題性を喚起し、さらなるブランドの育成に努めてまいり
ます。

・商品名:タカラCANチューハイ「直搾り」くちどけ
<スイートストロベリー><スイートパイン>
・品目:リキュール(発泡性)(1)
・アルコール分: 3%
・果汁分:2%
・容量/容器:350ml/アルミニウム缶
・梱包:24本段ボール入り
・参考小売価格:141円(消費税抜き)
・販売予定数量:計65,000ケース(1ケース24本入×350ml換算)
・発売地域:全国
・発売日:2012年9月11日(火)

[お客様からのお問い合わせ先]
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]宝酒造株式会社
[部署名]広報課
[TEL]075-241-5122(ダイヤルイン)
03-3278-8460(ダイヤルイン)

本リリースの詳細は
http://prw.kyodonews.jp/prs/release/201208286534/
株式会社共同通信PRワイヤー

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック———————————–■□

■ 成田空港とロイヤル

1)成田空港第2ターミナル

成田空港は関空と同じくLCC誘致で活性化を図っています。まず、駐車場代
が下がりました。以前は1日2500円と高かったのですが、現在は2000円まで下
がりました(ちょっと不便な駐車場は1日1500円)。6日以降は1日500円と長期
の海外旅行でもリーズナブルな価格になりました。でも、羽田はすでに1日
1500円、茨城空港は無料、神戸空港も1日1000円です。

空港も24時間稼動させ、駐車料金も1日1000円にする時代が来るかも知れま
せんね。
http://www.narita-airport.jp/jp/news/parking.html

飲食施設ですが、以前、関空の飲食施設の報告をいたしましたが、関空には
すき家、毎度おおきに食堂、などが出店するなど、航空運賃に見合った低価格
の飲食店にシフトしています。

同じく、成田も変貌しつつあります。第2ターミナルを訪問したのですが、
カウンターに並んでいる客から聞こえる声は中国語ばかりです。飲食施設も
大幅に変わっています。2年ほど前に第2ターミナルからヨーロッパに行く際に
すし屋が殆どないとぼやきましたが、なんと現在は3店舗も軒を連ねています。
それも、低価格の業態が中心の寿司田、すし三崎丸、元祖寿司、などです。
そして、7月に新業態 「おぼんでご飯」と「N’sCourt」という2種類の健康
的な定食を低価格で提供する業態を出しました。

「N’sCourt」は出国ターミナルの1階上のレストラン街にあります。出国タ
ーミナルのフロアーから目立つ位置にあり、思わず訪問してしまいました。

メニューは幅広く
サンドイッチ800円~1200円(飲み物とのセット)
パンケーキ680円(飲み物とのセット)
うどんが800円前後
ラーメンが900円前後
パスタが680円~880円
ビーフカレーが980円
ポークカツカレーが1200円
元気豚ロースカツプレート1380円

など、比較的に低価格のメニューです。

元気豚という名称に惹かれて、元気豚ロースカツプレート1380円を注文。
(元気豚とは千葉の会社が育てているようで、最近は大手ファストフードで
取り入れられるようになっています。
http://jb-farm.jp/corporation/genkibuta.html)

入口で案内する人はフィリピン人、店内で清掃する人は中国人とインター
ナショナルなお店で、完全にLCCシフト。

ファストフード風の店内に入ると、モスバーガーのように最初にカウンタ
ーで注文します。それから製造するのですが、出来上がると振動で呼び出し
をしてくれる端末を渡され客席につきます。

カウンター客席には携帯電話などが充電できるように電気コンセントがあ
ちこちにあります。

サービスは完全にファストフード。水、ナプキン、爪楊枝、など全てコン
ディメントカウンターに自分でとりに行きます。食べ終わった料理も自分で
下膳できるようにあちこちにトレイ置き場が設置してあります。

しばらくして、振動で呼び出しがかかり、料理を取りにいきました。いわ
ゆるとんかつ御膳ですが、洋風のお皿で提供されるしゃれた盛り合わせです。
味噌汁も付いていますが、カップで提供。とんかつの付け合せは、キャベツ、
キュウリ、鶏肉の筑前煮、ポテトサラダ、ミニトマト、野沢菜、小さな角皿に
2種類のソースが付いてきます。

さて、期待の元気豚ですが、ハムのように薄く、肉と衣が剥離しています。
揚げ色も不自然でフライヤーの底に付着したかのようにムラが出ています。衣
は学校給食用のようにがりがりです。後で、胸焼けをしたことから油の管理に
も問題があるかもしれません。空港のレストランとしては破格の価格帯ですが
料理もそれなりでした。運営会社はわかりませんでしたが、どうも免税店が運
営しているようです。

料理の構成を見ると、どなたかのフードコーディネーターに依頼したのがあ
りありですが、食材のコストダウンと調理技術がひどすぎるので、その成果が
出ていませんね。

「おぼんdeごはん」は定食の大戸屋の盛り付けを綺麗にし、健康面で留意し
ていることを訴求するスタイルです。経営は女性に人気のあるお洒落な居酒屋
「えん」やお茶漬け店「えん」を展開しているBYOです。BYOは成田第一ターミ
ナルでもお茶漬けの「えん」を経営していますからその縁でしょう。4月には
三井アウトレットパーク木更津にも出店しており、中国人観光客をターゲット
に木更津と成田を連動させ、LCC利用の中国人観光客を獲得しようとしている
のでしょう。
http://obon-de-gohan.com/index.php

このように成田空港も関空も見事にLCC対応の低価格レストランにシフトし
ています。空港で日本最後の美味しい食事を食べたいという方は、空港につく
前に食べないといけない時代ですね。まさか、JALのラウンジの食事も同じ状
態じゃないでしょうね。
http://www.narita-airport.jp/jp/whats_new/120629_shops.html#t2_1

2)ロイヤル
久しぶりに近所のロイヤルを訪問しました。一時は荒れ果てた店舗でしたが
見事に改装し、落ち着いた感じになりました。一時は最悪のロイヤルでしたが
最近は活性化をしているようです。カウボーイ家族などで成功しているので自
信が出ているようですね。

最近は厨房の改革(スチームコンベクションオーブンやコンベアーオーブン
を入れるのが改革ならですが)や新業態に真剣に取り組んでいますね。

メニューも一時の低価格路線に引っ張られた中途半端なものから、ロイヤル
らしい、きちんとした(勿論ちょっと高めですが)メニューになりました。

今回は国産牛ローストステーキセットにしました。
国産牛ロースステーキ&2種のフライ、パセリガーリックバターとだし醤油
2030円(税込み2131円1067Kcal)その他、サラダやビールを注文。

国産牛ロースステーキは肉質も柔らかく、焼き方も見事でした。久しぶりに
ロイヤルで美味しい肉を食べることが出来ました。今、肉の質、焼き方を含め
るとファミリーレストランでダントツの品質です。ずいぶん頑張っていますね。

ただし、美味しさは価格に反映しております。5名で結構食べたのですが、
15000円ほどになりました。3名がロースステーキセット、1名が海鮮料理、1名
がカシミールカレー、そして、サラダが3つ、生ビールが大3杯、中3杯、とた
らふく食べましたので、適当な価格でしょうが、従来のファミレスとしてはず
いぶん高単価路線になったようです。

その分顧客層がだいぶ良くなりました。ギャーギャー騒ぐ子供を持つ、ヤン
グファミリーがいないので、ゆっくり食べられるのが良いですね。

残念なのは食後にデザートを注文しようとしたら、ウエイトレスの方に15分
ほどかかりますと丁寧に断られたことです。ちょっと人数を絞りすぎのようで
す。
http://www.royalhost.jp/grand/index.html

△▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰の米国外食情報—————————————–■□

NRN紙より 2012年8月22日~2012年8月28日

NRN a.m.Penton Media August 23, 2012
■NRN紙は米国とカナダ以外に本社を構え、世界各国で店舗展開をしている25
社を発表しました。
Top 5 international chainsは日本のコンビニチェーン大手3社、そして、
牛丼のすき家が入っています。5位は英国のパブチェーンです。

1. 7-Eleven $16.32 billion
Headquarters: Tokyo

2. FamilyMart $4.96 billion
Headquarters: Tokyo
Concept: Convenience store
Parent company: FamilyMart Co. Ltd.

3. Lawson $4.17 billion
Headquarters: Tokyo
Concept: Convenience store
Parent company: Lawson Inc.

4. Sukiya $2.13 billion
Headquarters: Tokyo
Concept: Asian fast food
Parent company: Zensho Holdings Co. Ltd.

5. JD Wetherspoon $1.80 billion
Headquarters: Watford, England
Concept: Bar/Pub
Parent company: JD Wetherspoon PLC

http://nrn.com/article/international-top-25-top-5-chains-and-companies
-worldwide-sales

■サブウエイSubway, オリーブガーデンOlive Garden等がソーシャルメディア
に積極的に取り組んでいます。DigitalCoCo社が行っている The Restaurant
Social Media Index Top 100には小さな会社でもソーシャルメディアを有効に
使って、売上に貢献していることがわかります。
http://nrn.com/article/subway-olive-garden-among-top-movers-restaurant
-social-media-index

■お惣菜のボストンマーケットBoston Marketは顧客が塩分控えめの料理にこ
だわることを認識して商品開発を行っています。同社は2014年までに料理の塩
分を15%減少させる努力をしておりますが、それを顧客にアッピールするため
に店内のテーブルから塩ディスペンサーを撤去しています。
http://nrn.com/article/boston-market-consumer-concern-top-reason-sodiu
m-reduction

■カリフォルニア州の議会でファストフード店に設置してある子供が遊べる
プレイグランドの清掃に関する法規制を行う動きがあります。
http://www.sacbee.com/2012/08/21/4745729/bill-targets-fast-food-restau
rant.html

■米国の大手ハンバーガーチェーンは低価格戦略に力を入れる活動を長年継続
しており、米国人の食生活に大きな影響を与えています。
2009年にくらべ現在は38%もハンバーガーの消費量が増加しています。
Fox Business
http://www.foxbusiness.com/personal-finance/2012/08/21/where-beef-best
-burgers-for-your-buck/

NRN a.m.Penton Media August 28, 2012
■消費者はよりエスニック料理を好むようになって来ています
Technomic Inc.社の調査Ethnic Food & Beverage Consumer Trends Reportが
発表されました。
http://nrn.com/article/restaurants-can-find-opportunities-ethnic-cuisine

■スパゲティウエアハウスSpaghetti WarehouseのCEO Doug Pak氏は40周年を
迎えて、今後の方針を発表しました。
http://nrn.com/article/spaghetti-warehouse-ceo-details-changes-ahead

■スマートフォンの外食向けの便利なアプリケーションがでています
お店の選択から、チップの計算までやってくれます。
The Wall Street Journal
http://online.wsj.com/article/SB10001424052702304782404577490472398028
422.html

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  2. 2

    嚥下障害と介護食「味気なく物足りない嚥下食」 第1回目(日本厨房工業会 月刊厨房)

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP