伊勢廣京橋本店

レストランチェック

 東京駅周辺が激変しています。その中でも八重洲口駅前が大きく変わっています。駅前には八重洲ミッドタウンができ、その裏から京橋にかけて大きなビル工事中です。東京駅周辺は昔からの老舗居酒屋が多いのですが、それが変わりつつあります。

 この界隈で老舗の焼き鳥屋京橋伊勢廣本店(創業100年以上)に行きました。古い店で台風で吹っ飛びそうな小さな木造建物2つが、再開発で道路反対側に2年前に移転新築しエレベーター付きの広い店になっていました。

 今や予約の取れない名店の麻布十番・世良田店主、瀬良健太郎(私が立教中高時代の同級生)が20代の頃、大学を中退し修行をして、父親が東京日産勤務だったという縁で、六本木の日産ビル地下に店を構えました。

その瀬良が修行中に利用して以来好きなお店です。世良のお店にはマクドナルド六本木地区のSV時代に通いました。50数年前はまだ高級焼き鳥が少なく、伊勢廣はその中では特別の存在でした。当時は新鮮な闘鶏のしゃもを使って店舗で解体していました。

伊勢廣で断トツなのはとろけるようなレバ(フォアグラ以上のおいしさ)と、包丁で軟骨と一緒に叩いて作るつくねです。以前は外から見える場所で作っていたのを思い出します。

 前の店は狭くて2軒に分かれており、テーブル席もなく体の不自由な私には利用できませんでした。新しい店は3フロアーで、各階に焼き台があり、2、3階にはテーブル席もあり接待に使えます。

ここの焼き鳥は結構なお値段がするので、近所の大企業は接待に使います。でも以前の旧店では安っぽく見え、食通以外は連れていけませんでした。また以前はお酒の種類が少なく、酒は新潟の吉野川という大衆日本酒でした。

今回は日本酒、ワインともに増えました。でもあまり飲むのは推奨されませんのでご注意を。夜は結構なお値段になるのでランチがおすすめです。焼き鳥2本からの焼き鳥丼があります。ちゃんとサラリーマンの昼食要求にこたえています。

 ランチはお得で今回はちょっと贅沢に9本コース三千九百円をいただきました。ごはんと一緒に飲む鳥スープの濃さが最高です。最初に訪問するなら、お昼がおすすめです。

画像

https://www.facebook.com/photo/?fbid=5475171255892998&set=pcb.5475172625892

公式HP

https://www.isehiro.co.jp/honten/

食べログHP

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13251802/

王の取材記事

そのほかのレストランチェックは私のfacebookをご覧ください。

以上

王利彰(おう・としあき)

王利彰(おう・としあき)

昭和22年東京都生まれ。立教大学法学部卒業後、(株)レストラン西武(現・西洋フードシステム)を経て、日本マクドナルド入社。SV、米国駐在、機器開発、海外運営、事業開発の各統括責任者を経て独立。外食チェーン企業の指導のかたわら立教大学、女子栄養大学の非常勤講師も務めた。 有限会社 清晃(せいこう) 代表取締役

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

  3. 3

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP