ニッポン放送に伺いました!

立教大学生インタビュー

東京の「お米」を、自分たちで体験しながら学び、守っていく「東京お米サロン」。このサロンでの田植えイベントでお会いした、ニッポン放送 報道スポーツコンテンツセンター解説委員の遠藤竜也さんに、ラジオや就活、遠藤さんご自身のキャリアについてなどの様々なお話を、ニッポン放送本社にある放送ブースにてお聞きしました。

遠藤さんのお話をお聞きする中で特に印象に残ったのは、

  • 自分のやりたいことを明確に持ち、その実現に向けて能動的に行動していること
  • 何事に対しても「楽しむ」気持ちを忘れずに取り組んでいること

です。

これまでに培ってきた「報道」という分野に関する能力と経験、そしてご自身の興味の対象である「農業」について、実際に現地に向かい、取材し、番組として制作し発信している姿を通して、ただニュースを伝えるだけが報道なのではなく、どう自分の中で昇華して伝えられるかも重要なのだと学ぶことができました。

また、「ラジオ」は、「好きな時に」「好きな内容を」聞くものに変化しているというお話もお聞きしました。「ながら聞き」ができるという特長を持つラジオ。最新の情報をリアルタイムで得る目的だけでなく、「自分が知りたい情報を、自分が聞きたい時に聞く」というスタイルに変化しているからこそ、「ポッドキャスト」などの需要が高まっているのだそうです。

今回のお話を通して、新たなカルチャーやトレンドにアンテナを張りながらも、それらに対して、「報道」に長く関わってきたからこその冷静な視点で捉えている遠藤さんの姿が印象的で、私もそのような力を持った人になりたいと感じました。そしてそのために、どんなことにも能動的に、楽しむことを忘れずに取り組んでいきたいです。

実際のラジオブースでインタビューさせていただきました!

(よく聞いているオールナイトニッポンの放送を行っている、ブースやマイクを目にすることができ、とても興奮&感動しました!) 【K】

「ニッポン放送」 https://www.1242.com/

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    嚥下障害と介護食「味気なく物足りない嚥下食」 第1回目(日本厨房工業会 月刊厨房)

  2. 2

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP