鹿児島山形屋百貨店の焼きそば

食の宝庫九州から

「やまかたや」 鹿児島に本店を置く、山形屋百貨店の読みは濁りません。

創業は250年前、宝暦元年(1751年 8代将軍徳川吉宗が亡くなった年)、薩摩藩に許可を得て、山形県庄内の北前船商人が開いた呉服商がルーツです。

会社設立は大正6年(1917年)の老舗百貨店です。

鹿児島県では最大最強の百貨店で、宮崎市を含め南九州に5店舗展開しています。

近年でこそ、イオンなどの郊外型SCが出店して苦戦を強いられていますが、市内中心部天文館の本館は威風堂々とした建物です。

品揃えも地方とは思えないブランドを揃えており、日本の端っこで奮闘する薩摩藩の矜持が残っている感じがします。

鹿児島の本店では、7階に1972年から現在も続く大食堂があり、こちらも盛況なのですが、そこの売上げの半分を稼ぐメニューが「焼きそば」です。

先日、友人が来鹿するというので鹿児島空港に行きました、レストランとして山形屋が出店していますので、搭乗前にビールと焼きそばを注文。パリパリの太い揚げ麺に野菜たっぷりの餡が掛かっているという、ごく普通の焼きそばです。

本店では年間13万食出ているという人気商品。甘目の味付けなので、お酢もテーブルに置かれました。大きな皿でボリュームもあり、値段も700円とお得感あり。百貨店のレストランという気取った感じもないのが受けているのでしょう。

長崎で食べる、皿うどんよりがっしりとした感じがあり、甘みも強い。薩摩で甘いは御馳走なのです。

続けて注文した、芋焼酎のお湯割りが濃いこと、濃いこと。これが薩摩流のおもてなしなのかもしれません。

上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP