イタリアと日本の夏旅行

南イタリア美食便り

プーリアでは最高気温が連日30℃超の真夏日が続いています。朝10時を過ぎると暑くて外での作業は厳しくなります。

5月中にこの暑さというのは例年ではありません。今年の夏はいつもより長く暑い夏になりそうです。学校はあと2週間で夏休みが始まります。今年は遠足や修学旅行も再開されました。

イタリアではすでにワクチン接種証明書もしくはPCR検査陰性証明書があれば入国を制限しておりませんので、海外からの観光客も多くなっています。

我が家のゲストハウスにも私のアメリカ時代の友人が遊びに来てくれました。海外からのゲストを迎えるのは2年半ぶりになります。今年は6月以降日本からの来訪希望者の問い合わせも増えてきました。

プーリアではコロナ禍の間もイタリア及びEU各国からの観光客で夏は常に賑わっていましたが、我が家でもコロナ禍前の普通を思い出しています。

日本人の日本帰国に関しては6月から大きく緩和されます。

多くの国々から出国前72時間以内のPCR検査陰性証明書さえあればワクチン接種証明の有無に関わらず入国時の検査なし、待機もなしでOKとのこと。

待ちに待ったイタリア旅行へのハードルはグッと下がりますが、帰りの便に乗る前日か前々日のPCR検査を必ず受けなければならないというのは他国と比べると厳しいです。

それも簡易テストではないのでイタリアでは100ユーロ前後費用がかかります。それに万が一陽性結果が出てしまったら予定の便には乗れないというリスクがあります。旅行会社などの団体旅行再開にはもう少し時間がかかるかも知れません。

秋頃にかけて時間に余裕のある層の個人旅行から少しずつ増えていくでしょう。円安傾向もこのまま落ちついてくれることを願っています。

外国人観光客受け入れも始まると言われていますが、出国前のPCR検査義務は同様に課されるでしょう。詳細を早く知りたいものです。実験的な訪日ツアーが行われているとニュースで聞きましたが、日本政府の他に類を見ない慎重さには驚くばかりです。

プーリアの私たちの周りにも日本へ来たくて仕方がない人々はたくさんいて、制限緩和を待っています。

大橋 美奈子

大橋 美奈子

東京生まれ。演劇プロデューサーを志し、高校卒業後アメリカ留学。ニューヨーク大学芸術学部在学中は舞台、映画で俳優及びプロデューサーとして活躍。卒業後、メディア関係のリサーチ、コーディネイト会社を設立。現在はホスピタリティビジネスのコンサルタントである夫ジョヴァンニの故郷であるイタリア・プーリアから“外食とはエンターティメントである”という考えのもと“感動”を創る仕事を支えています。

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP