マンダリン炎獅子

食の宝庫九州から

若い頃に、メジャーなホテルの中華レストランシェフを経験し、その後独立、人気店にし。次に友人と新しい業態を開発して、これまた人気を集めて来た、「マンダリンマーケット文華市場」山北シェフが、コロナ禍でレストランの営業が出来ない状況の打開策として選んだのがテイクアウト専門店でした。

開業したのは、福岡市内の高級住宅街と呼ばれるエリアの入り口にあたる平尾、山荘通り。

マンションの1階に、冷蔵ショーケースを構えた店舗と、キッチン。このキッチンでは飲茶系の下拵えをして、レストランのセントラルキッチン機能を持たせています。

店の名前は「マンダリン炎獅子えんしし」テイクアウト中華の店です。

炎獅子の名前の基になったのは、おすすめ一番の「平尾ライオンヘッド(獅子頭)大肉団子」ですが、まあでかい。確かに獅子舞の頭に似ているのかも。

マンダリンマーケットが糸島の野菜をメインにした中華レストランですが、テイクアウトとなれば、押しの強い一品が欲しいところ。見事にイッピンが出来ています。

それを含めて、唐揚げや麻婆豆腐、油淋鶏などが入ったお弁当をいただきました。がっつりと色々なものを食べられるのは嬉しいですね。

デザートには「ジャスミン茶っプリン」という、ジャスミン茶風味のカラメルソースが効いたプリンも付けました。

美味しくてお腹いっぱいです。あ~近所にあれば良いのにと思います。

マンダリン炎獅子

https://www.instagram.com/enshishi_mandarin/
上田 和久

上田 和久

スタジオワーク合同会社 代表。熊本県生まれ。厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年1月コンサルタントとして独立。安全安心な食品を提供することに日々、注力する企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り組みを支援している。 JHTCリードインストラクター

関連記事

メールマガジン会員募集

食のオンラインサロン

ランキング

  1. 1

    水産タイムズ社 橋本様インタビュー

  2. 2

    「ダンキンドーナツ撤退が意味するもの–何が原因だったのか、そこから何を学ぶべきか」(オフィス2020 AIM)

  3. 3

    マクドナルド 調理機器技術50年史<前編>

アーカイブ

食のオンラインサロン

TOP