2017.05.31

● 王利彰のレストランチェック-----------------------------------■□

ワタミの三代目鳥メロ

 ワタミさんが業態変換を急いでいます。自宅の近所のわたみん家が今年
1月に鳥メロに変換し、やっと訪問しました。訪問の遅れた理由は2階のお
店で階段の手摺が片側だけだからです。

 ブラック問題でイメージ劣化に苦しんだワタミさんは、三代目鳥メロや
ミライザカに業態転換を急いでいます。ブラックイメージを警戒し、ワタ
ミの名前は一切出していません。鳥貴族の急成長ぶりに対抗するため鳥が
コンセプトです。(串揚げ田中も意識していますね)ちなみに江古田には
鳥貴族があります。

 地元江古田駅前には20年以上前にワタミで開店し、10年ほど前にわたみ
ん家に業態変換しました。江古田近隣では徒歩7分の新江古田駅前には郊
外型ファミレスの和み亭がありましたが、数年前に撤退していました。西
武池袋線には、桜台や椎名町駅にもワタミがありましたが撤退です。

 夕方6時に訪問しました。店舗内装はわたみん家のままで看板だけの変
更です。客席には5組11人ほどがいました。鳥メロの売り物は、鳥料理と
中ジョッキ生199円です。焼き鳥4本、串揚げ2本、シーザーサラダ、鳥モ
モ焼きを注文し、生3杯で3472円とそんなに安くないですね。突き出しは
キャベツで300円もします。

 焼鳥4本ほど注文しましたが、砂肝が固すぎてダメでした。でも、売り
物のみちのく清流若鶏の唐揚げは1000円近くするのですがボリュームもあ
り、柔らかく美味しかったですね。串揚げは独特のソースがよかったです
ね。

 残念なのが、サービスの劣化です。従業員には笑顔がないし、おしぼり
も言わないと持ってきてくれませんでした。ワタミの成功要因は従業員の
元気で丁寧なサービスだったはずです。私はワタミさんが上場前にちょっ
とお手伝いしていたのですが、会社の活気に圧倒された思い出がありま
す。当時蒲田の裏道にあった本社を訪問すると、全員が起立して、いらっ
しゃいませといいました。当然店舗も活気があふれていました。当時の社
長渡邊美樹さんは夕方過ぎは毎日店舗を回り、従業員教育をされていまし
た。その頃の活気を戻せるかが回復のカギでしょうね。
 
 ちなみに活況のある頃は、ファーストオーダー頂きました! とか、追
加ドリンク頂きました などと大きな声で言い、それが聴こえた他の従業
員が
ありがとうございます!と応えるので活気が出ていたようですね。

 ブラック問題ですが上場前から皆さんよく働いていましたね。当時は私
の事務所にfaxが届くと、家に転送させるようにしたのですが、深夜2時過
ぎにfax
が来て、差出人を見るとワタミさんの女子社員でした。当時の社員の睡眠
時間は数時間だったはずです。でも上場を目指し、団結していましたね。
誰も文句は言いませんでした。創業当時のメンバーは上場時の株の値上が
りで報いられたようです。
 
 なお、わたみん家の多くが社員独立制度による業務委託だそうで、今回
の業態変換の費用は本部が持ち、売り上げも上がるので評判が良いようで
す。

公式HP
https://www.watami.co.jp/

ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/61fh1wrc0000/

今回画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1358821017528063&set=pcb.1358821587528006&type=3&theater

経営情報HP
http://www.sankei.com/economy/news/161231/ecn1612310002-n1.html
http://tmtown.net/index.php/rdj/22936/
http://tmtown.net/index.php/rdj/23463/
http://www.foodrink.co.jp/foodrinkreport/2016/09/15191056.php
http://www.grad-job.info/shigoto/watami-miraizaka-torimero/