2017.03.15

● 王利彰のレストランチェック-----------------------------------■□

ZEX愛宕山グリーンヒルズ

 Y’s テーブル経営の愛宕山グリーンヒルズ最上階のZEXに開業以来十
数年ぶりに訪問。2つのオフィスビルが並んでわかりにくい場所で飲食店
には難しい場所ですが、頑張っています。ここは案外眺めがよく、銀座方
面から東京湾川が見渡せます。私は、ここの寿司バーの眺望を楽しみなが
らの会食が大好きです。

 東京にはミシュラン星付きの美味しい懐石料理が多いのですが、その狭
さに閉口するし、予約も難儀です。中国人のスタッフが来日する友人の中
国人観光客がミシュラン星付きの和食を探すときには、NOBUやZEXを勧め
るようにしています。小さな懐石料理屋では、造作の良さや、料理の素晴
らしさがわかりにくいからです。

 ZEX an の店は、日本語、英語、中国語もメニューがそろっているだ
けでなく、会話も可能だからです。来日観光客には、和食よりも、日本の
フレンチや米国料理(ローリーズ、ウルフギャングパック、ユニオンスク
エアーカフェ)がお勧めです。

 今回はスタッフの誕生日で行きました。和風の趣で段差が多く、私には
使いにくいですね。ZEXは洋風料理が多いのですが、ここは、イタリア
ン、和食(寿司、てんぷら、懐石)、バーが並んで好きな料理を選べま
す。13年ほど前の開業で、当時はちょっとした外食バブルで、グローバル
ダイニング、ちゃんと、際コーポレーション、NOBUなどが大型のおしゃれ
な店を開業していました。
 その中でZEXは代官山が有名ですが、愛宕山にも随分力を入れていまし
た。しかし、2001年発生の年から2005年にかけてのBSE問題、2008年の
リーマンショック、2011年の東日本大震災と続き、お洒落なレストランは
途絶えていますね。今はやりのレストランは、俺のフレンチ・イタリア
ン、いきなりステーキなどの立ち食い業態や、居抜き居酒屋などの小さな
お店です。Y’s テーブルも店舗展開をしているのはイタリアンのサルバ
トーレですね。

 今のレストランは単なる餌場でしかないのが寂しいです。価格だけを考
えたら、スーパーのイートインや、総菜や弁当に負けてしまいます。レス
トランの外食は本来、友人や家族との楽しい会食にあるのであり、お洒落
でゆったりとした空間が必要です。いま日本と欧米のレストランを比較す
ると日本の異常さが目を引きます。欧米と日本の大きな違いは、働き盛り
の裕福な男性の存在です。

 2016年12月7日号のウルフギャングパックや、2017年2月22日のアレキサ
ンダー、ローリーズ、NOBU 、今回のZEXのようなお洒落でゆったりとした
レストランは珍しい存在です。皆さんもたまにはお洒落な大型店で食事を
とりましょう。寿司のお任せコースも13800円とリーズナブルです。

メニュー
http://www.xexgroup.jp/images/menus/xexatago/an/an_sushi_course.pdf

公式HP
http://www.xexgroup.jp/atago
http://www.ystable.co.jp/corporate/history.html

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1269856866424479&set=pcb.1269857269757772&type=3&theater